当日は若作りをして来店する

当日は若作りをして来店する

若さを意識して美容室へ行くときには、そもそも来店する時から見られたい若さを演出していく方が良いでしょう。例えば明らかに自分の年齢よりも若く見えそうなヘアスタイルを希望するのに、その日のファッションが実年齢よりも明らかに上に見えるようなファッションではちぐはぐな仕上がりになってしまいます。美容師はそもそもトータルで素敵に見える様にするセンスを持ちあわせていますから、その日のファッションを見ればその人が普段からどんなファッションをしているのか、若さに対してどの程度こだわりがあるのか、というような事も見抜いてしまう物です。ですからその日のファッションが若々しく見えない感じだと、そちらに合わせてヘアスタイルを仕上げてしまうかもしれません。せっかく若く見られたい、と思っているのであれば全身でそれを表現して来店する方が良いと思います。そんなの、ちょっと恥ずかしい、と思うかもしれませんが、美容師の皆さんはお客さんをキレイにしてあげたい、と思っているのですから、若さやオシャレに対してお客さんが前向きな態度を示してくれるのはとても嬉しいと思うでしょう。こんなに頑張っているのだから、ヘアスタイルも若く見える様に頑張って仕上げてあげよう、と思ってもらえるに違いありません。女性のみなさんの多くは年齢を重ねるごとにだんだんと自信を無くしていく傾向にあります。特に美容室へ行くときなど自分の生活感よりもキレイな所、オシャレな空間、そして素敵な美容師さんの前では、自分はもはや見劣りするのではないか、という気持ちになってしまい、若々しいスタイルをオーダーする事をためらってしまう人が増えてくるような気がします。こんなスタイルをオーダーして、笑われたりしないだろうか、心中では「似合わないのに」と思われないだろうか、などといった不安があるようですね。ですがそういう気持ちは自然と鏡に映ってしまうもののようです。美容室へ行くときにはキレイになることが目的なのですから堂々と、私をキレイにしてください!という態度の方が実際に若く見られ、美容さんの気持ちの入り様も違うと思うのです。こんなに頑張っている人なんだから最高にキレイにしてあげたい!と美容師さんに思わせる事が大切なんですね。カウンセリングの時には表情も明るく、背筋を伸ばし、美容師さんとの会話も積極的に行いましょう。そうすることでそもそも若く見られますし、若くありたいと願っている人だ、と思われます。そういう積極性を持っている人こそ、美容師さんのやる気を引き出す事が出来ると思うのです。横須賀にある美容院