トップスタイリスト

トップスタイリスト

スタイリスト、というポジションのほかに良く耳にするのは「トップスタイリスト」という言葉だと思います。トップ、というぐらいですから意味合いとしてはスタイリストの中でもトップクラスのスタイリスト、という事になるでしょう。ですがこのトップになれる定義というのは、各美容室内で定められている感じで、どのレベルがトップなのか、という事は定かではないようです。そればかりかどちらかというとテクニックのレベルの問題よりは指名の多い美容師、つまりその美容室内で一番人気のある美容師の事をトップスタイリスト、と呼ぶことの方が多いようですね。つまり売れっ子美容師の事です。かつてはこのような美容師は存在しませんでしたが、カリスマ美容師以降美容師のランク付けというものが明確に行われるようになりましたし、トップスタイリストになれるのはメディアに出たことがきっかけとか、取材を受けたのがきっかけ、など本当に人気投票の意味合いが強くなってきているように思われます。お客さんの見る目としては、トップスタイリストと紹介されているからといってその美容師のテクニックがその美容室内で一番良い、とは限らないかもしれません。人気の理由は技術だけではなく、トークの面白さだったり、顔立ちであったり、という事も多々あるようです。美容室の店長、というとその美容室の中で一番偉い人、というイメージですね。確かに美容室内の事、美容師の事、すべてを管理しているのが店長の立場です。店長がその美容室のあり方を考えて運営しているので、その店長のカラーが美容室のカラーとなり、その店長の経営手腕により美容室の経営も左右されるところとなります。店長になるのは多くは美容室の中である程度のレベルに達した人がこのまま雇われ美容師でいるよりは経営に携わりたい、と舵を切り替えた人がなる場合が多く、美容師でありながら経営についても学んできた人が多いですね。美容師になった時からいずれは自分のお店を持つのが夢、という人は良くいますね。実際にはそこまで上り詰める事が出来る美容師は一握り、と言われているようです。美容室によってはチーフ、と呼ばれるポジションの人もいて、いわゆる副店長とでも言うべき存在です。店長が全体的な事を見渡すのに対して、副店長が従業員を店長の間に入ってスムーズに営業できるようにする立場の人、という事になるでしょう。スタイリストの中のトップであり、店長と従業員の橋渡し役、と言えるポジションですね。店長や副店長は多くの場合は実際にお客さんの施術もするケースが多いですし、指名客だけを診る場合もあるようです。床屋 美容院 上福岡駅 シェービング ヘッドスパ メンズ 人気 安い