初期投資の使い道

初期投資の使い道

初期投資を惜しんではならない、という事も大切ですが、その漁期投資の回収が見込めないぐらい使ってしまってはのちの営業に経営に大きく影響してしまう事でしょう。ですから何に対しての初期投資をかけるか、という事を考える必要があるでしょう。たとえば自分の趣味だから、といって豪華な内装や機材にばかり投資してしまうのは大変危険だと言われています。まずはお客さんが喜ぶことに費用を掛けなくてはいけません。多くのお客さんはどんなに豪華な内装にしても、最初は「わあ素敵!」と喜ぶかもしれませんが、いざ施術が始まるとそんなことは二の次になってくるに違いありません。お客さんにとって肝心なのはそれから一緒に時間を過ごす美容師の人柄であり、その美容師のテクニックであり、自分にとって満足のいく仕上がりを得られるかどうか、なのです。その部分に対しての初期投資は当然必要でしょう。名のある美容師を招くならばその美容師には十分な給料を約束する事も必要でしょう。お客さんの身の回りに直接触れるものなどは、きちんとしたものを用意したいものです。特に女性のお客さんはそういった点では敏感です。男性も美容室に行く時代になったとはいえ、やはり女性のお客さんがメインであることも忘れてはならにでしょう。人と会う時でも同じですが、お店に行くときにもまずは第一印象と言う物がその後を左右しますね。感覚的に「この美容室いいな」と思ってもらわなければいけません。そのためには初期通しを惜しまない、という事も重要となるでしょう。たとえばお客さんが初めてその美容室と出会うのはどのようなことがきっかけでしょうか。もしかしたらインターネットかもしれませんし、たまたまその場所を通りかかった事がきっかけとなるかもしれません。折り込みチラシをみた、という人もいるでしょう。という事は美容室の外観や内装ばかりにお金をかけて見栄えを良くするだけではいけません。ホームページもオープン前には魅力的なものにしておかなくてはいけませんし、予約を入れようとする人にとっては、電話に出る人の印象がその美容室の第一印象となりますから、電話の受け答えの感じの良いスタッフを雇い入れておく必要があります。美容師と兼任するならきちんと受付業務の研修も行っておくべきです。そういったことにはすべて費用や人件費がかかってきます。ですがそれはけっして惜しんではいけない、と思われます。節約したいなら別の所で節約できる所を探した方が良いでしょう。オープンに向けての初期投資は出来るだけ惜しまないようにしたいものです。美容室 ヘアサロン 溝の口 カット カラー パーマ 人気 口コミ