お客さんとの関わりが少ない

お客さんとの関わりが少ない

大規模な美容室は、一般的な美容室とはちょっと雰囲気が違う様です。大規模な美容室であればスタッフの人数も多いですし、経営者側の考え方としていかに店舗数を増やすか、という事を考えている所が多いようです。そうなると当然ながらスタッフの確保も重要になってきます。スタッフが働きやすいような環境が会社の方針として整えられている事は良いことかもしれませんが、その結果スタッフの仕事がかなり分業化されたりシステム化されたりする可能性もあります。こじんまりとした美容室が地域に密着し、お客さんとの距離も近い感じになっているのに対し、大規模な美容室ではシャンプーはアシスタントが、カットはスタイリストが、ロッドを巻くのはまた別のアシスタントが、仕上げのスタイリングは別のスタイリストが…という感じで一人の美容師が一人のお客さんにじっくりと向き合う環境ではないケースもあるようです。その方が美容師としても楽に働くことができるかもしれませんが、美容師によってはお客さんとじっくりと向き合う事を理想としている事も有り、そういった美容師にとっては物足りない、味気ない働き方となってしまうかもしれません。自分がどの様に働きたいのか、という事は入店前にきちんと見つめ直し、それにあった美容室に入店する事が望ましいですね。大規模な美容室を除くと、多くの美容室はスタッフが十数名と言った規模の美容室が多く、そういう美容室ではその美容室は店長やオーナーのカラーでその美容室が染められているけーすが多いと思われます。言ってしまえばすべてがおーなーの意向で動いている、という感じでしょうか。ですからそこで働くスタッフたちはオーナーと気が合わなければかなり気まずい思いをしたり、自分が求めるものとは違う方向へ引っ張られてしまったり、という事が出てくる様です。決してオーナーのやり方が悪い、という事ではなく人それぞれ美容師としての理想があるものですが、その理想とオーナーや店長の理想が合わない、という事は良くあることです。その美容室において、スタッフ全員がオーナーや店長を同じ方向を向くことができる、というのはかなり難しいことかもしれません。自分の理想を持っている美容師であれば、店長やオーナーのなり方に疑問を感じる事もあるでしょう。自分の理想や夢を実現させるためには、この上司の元にいてはかなわない、と感じる事があるでしょう。自分は雇われの身、と割り切ることができる人は良いですが、そうでなければどこかで自分の理想の実現のために店を離れると言う選択をする美容師もいる事でしょう。行徳 美容師 求人