お客様からの質問

お客様からの質問

美容師の皆さんにとってお客さんのヘアスタイルを作ることは、ある意味簡単な事でしょう。これまで身に着けてきた技術を使って作業をすれば良いわけです。もちろん素人の人には大変な事ですが、一応そのための勉強や修行を積んできた人たちですから、「こんなスタイルを作って」と言われたらそんなに難しい事ではないはずです。ですがどの業界でも同じですが、一番困るのは「予想外の事態が起きる」と言う事だと思うんですね。それはお客さんの髪の毛が思った以上に癖が強い、というような髪の毛や頭皮に関する事もあるかもしれませんが、それ以上にお客様自身が、思わぬ発言をされたり、返答に困るような会話になってしまう時だと思うんですね。そもそも美容師と言う職業ではお客さんに不快な思いをさせる事は許されない立場の職業です。ですから施術に関しては勿論、お客様との会話においても、お客さんを傷つけるような発言をする事は好ましくありません。ですがお客さんによっては返答に困るような話題をされる方もいます。たとえば「私って髪が薄いですよね」と言われたら、思わず「何て答えようか?」と焦ってしまう美容師も多いと思います。「そうですね」と言えばお客さんが悲しむかもしれませんが、プロの美容師としてお客さんの髪の状態を冷静に分析する事は大切な事ですしね。お客さんがどういう感じの人なのか、という事も察しなくてはいけないでしょう。美容師を悩ませるのはお客さんばかりではないでしょう。むしろ自分の働く場所である美容室そのものとのかかわりが美容師を悩ませている事も多々あると思われます。美容室も利益を追求するお店であることには変わりありませんから、いくらお客様を不快にさせない、とかお客様の立場に立って、という事がコンセプトとして掲げられていたとしても、利益が上がらない事には経営は立ち行かなくなってしまいます。ですから利益を優先させるためにはお客さんに少々無理なお願いをしなくてはいけないような事態も発生します。本日の売り上げ目標がいくら、という設定があれば、そのためには何としてもお客さんから単価の高いメニューのオーダーを取らなくては、というケースも出てくるでしょう。今回はパーマはしない、と言っているお客さんに対して、カットだけでは目標額に達ししない、という理由だけで色々な他のメニューを勧めるのは、本当なら人としてとても両親が咎める事でしょう。ですがそれをしなければお店の役に立つことはできません。他の業界でも同じかもしれませんが、「利益のために」と「お客様のために」という事の間で、色々と悩んでしまう事態に陥ることは少なからずあると思います。そういう時に口の上手い美容師、というのは上手く立ち回れるのかもしれませんね。城南の美容院