お客も美容師を選ぶ

お客も美容師を選ぶ

美容師のみんなは、たとえば閉店後に「今日来たあのお客さんはこういう人だった」とか「とても迷惑なお客さんが来た」とかその日に来たお客さんの事を噂しているんじゃないか、という事はちょっと想像がつきますよね。もしかしたら自分は陰で笑われている存在なんじゃないか、と心配になる人もいるかもしれません。ですが美容師が本当に笑いものにしているお客さんがいるとしたら、それはその人のヘアスタイルとかセンスとかという問題ではなくて、美容師を困らせるようなマナーの出来ていないお客さんではないでしょうか。ヘアスタイルがちょっと残念、自分に似合うヘアスタイルを解っていない人、という感じのお客さんなら、美容師は逆に自分の腕の見せ所だと思うんですね。その人をいかに自分の手でキレイにしてあげるか、という事にチャレンジするのが美容師の醍醐味と言うものでしょう。ですからそういうお客さんの事を陰で笑うような事は無いと思います。ですが考えてみたら、お客さんの方も美容師の事は好き勝手に評価しています。「今日美容師がこんな事を言ってた」とか「今日の担当の美容師はあり得ない」とか色々と思う所があるのは、お客さんも美容師も同じでしょう。人間同士である限り、多少の好き嫌いがあるのは仕方のない事でしょう。いつの頃からか美容室では、お客さんに好きな美容師を指名させるようになりました。今では当たり前になっている指名制です。このシステムに対して料金まで上乗せする美容室も有ります。「この美容師は人気の美容師なのでこの人を指名する場合には料金が発生します」と言う事です。こういうシステムによって、人気のある美容師とそうではない美容師が一目瞭然となることとなりました。そしてお客さんの立場から言えば、偶然担当してもらった美容師と相性が合わなくて嫌な思いをする、というような事を避ける事が出来るようになった訳です。自分が好きだと思う美容師を選べるようになったことは、お客さんとしてはとてもありがたい事です。逆に美容師からしたら、美容師はさすがにお客さんを選ぶことはできません。どんなに嫌なお客さんであっても、お客さんとして丁重に接しなくてはいけません。そう考えると美容師はあらためて大変な仕事だな、と思ってしまいますよね。ですが人気があるからその美容師がお客さん全員にとって素晴らしい美容師であるとは限りません。要はその美容位とお客さんの相性によるものだと思われます。ベテランの美容師の方が技術が良いので好きだ、という人もいれば、新人の美容師さんの方が話がしやすいし自分が言いたい事を遠慮なく言えるから好きだ、といお客さんもいるものです。美容室 ヘアサロン 栄 カット カラー パーマ 人気 安い