値引きとその効果

値引きとその効果

美容師において各メニューを値引きする、というのは意味も無いのにその様な事をする必要はありません。確実に値引きをすれば1人当たりの利益は落ちてしまいます。値引きをする目的は多くの場合集客です。「今なら安いからあの美容室へ行こう」と思ってもらえればその時にはお客さんの人数は増えるに違いありません。安いけれども施術数が多い事でカバーする、という戦略でしょう。ですが肝心なのはその後でしょう。値引きして多くのお客さんが集まった、良かった!では意味がありません。おそらく値引きしなかった時期と売り上げとしてはそんなに差も出ていないのではないでしょうか。その値引きしている間に獲得したお客さんがいかに次回の来店につながっているか、という事が肝心です。最悪のケースでは、お客さんが少ない、値引きをしてでも当面のお客さんを集める、次回につながらない、また値引きをしてお客さんを集める、というスパイラルに陥ってしまうことではないでしょうか。値引きをしてその後の効果も出ているのかどうか、という事を検証しなければ、お客さんにとってその美容室はただ定期的に安く利用できる都合の良い美容室、という事になってしまいそうです。逆に言えばしょっちゅう値引きをしている美容室と言うのは、ちょっと危ないかな、という判断もできそうです。美容室の理想の経営は、すべてのお客さんがリピートしてくれて常連さんになってくれる事だと言えるのではないでしょうか。新規のお客さんは確かに必要ですが、ためしにカットだけで来店するとか、新規来店キャンペーンで安かったから来てみた、という理由のお客さんが多く、そういうお客さんの単価はそれほど利益につながらない可能性の方が大きいです。ですがリピートしてくれるお客さんの多くは少しずつ利用するメニューも増えて来るに違いありません。常にカットもパーマもカラーも、というオーダーをしてくれるお客さんにまでになれば、お店の売上も安定してくる事でしょう。そうなることのメリットは、それだけの売り上げの計算が出来る、という点です。つまりそれだけの売り上げは見込める、という予測の下で次の戦略を立てる事が出来るのです。もしもこの安定した利益を見込む事が出来なければ常に目先の利益を増やす事ばかりを考えていなくてはいけません。ですから新規のお客さんが来たらそのお客さんを次のリピートにつなげる事が大切なのですが、その振り返りをきちんとしていなければどれだけのお客さんがリピートしてくれているかも把握できません。もしもリピート率がかなり悪いのであれば、それはお客さんが満足していない、という事になります。そこで初めてどうお客さんを満足させるか、という事を検討できますよね。川口にある美容室