「目尻だけアイライン」が成功するにはこれが決め手!

「目尻だけアイライン」が成功するにはこれが決め手!

今流行りの目尻だけのメイク。
全体にアイラインを入れる代わりに、目尻にさりげなくラインを入れてタレ目風にします。
いつもきつい印象をもたれてしまいがちの人も、ピュアでキュートなイメージにできるのが魅力です。

 

少し下げ気味にかくことでタレ目の効果も出るので、つりめの人にもおすすめです。
といっても、文字通り目尻だけに黒や茶色のラインを入れるだけでは、地味になりすぎてしまうことがあります…。

 

ここでは、目尻だけアイラインを入れる時のワンポイントアドバイスについてお伝えしていきます。

 

○アイラインは目尻だけでもOK!でもシャドウは使って…

 

アイラインを入れるのは確かに目尻だけでいいのですが、それは=アイメイクは目尻だけでいいというわけではありません。

 

上まぶたや下まぶたにラインを引かない代わりに、シャドウは使った方がいいでしょう。

 

シャドウを使う事で、目尻だけにラインを入れただけではまだ地味なままという方でも華やかになります。

 

十分メイクをきちんとしている感じが出て、手抜きに見られたり、幸薄そうに見えたりしません。

 

シャドウを使うなら、目元が寂しい人はブラウンやゴールドシャドウを、目元がもともと二重でパッチリしている人はピンクシャドウなど、薄めのカラーでもいいでしょう。

 

○下まぶたのシャドウは?

 

下まぶたのシャドウは、地味になりがちな人はブラウンのシャドウを、目鼻立ちがはっきりしている人にはピンク系のハイライトをおすすめします。

 

さりげなく引いて、あくまで目尻のラインを強調しましょうね。

 

顔の造りが整っていなければ美人と言えないと思っていませんか?
実は、美人は顔の造りだけではありません。

 

どんなに顔立ちが美しくてパーツが綺麗に整っていても、お肌がくすんでいたり、肌トラブルが多くて清潔感がなければ、美人に見えないでしょう。

 

美人には清潔感や品も大切です。
くすみや肌トラブルは、一気に美人度を下げてしまうでしょう。
特に、美白肌の女性は、それだけでも美人に見えることがあります。
元々色の白い人は、さらに白く磨きをかけていくことで、より一層美人に見られるはずです。

 

○赤ちゃんのような白い肌を目指してみてください

 

美白肌といっても様々なタイプがありますよね。
目指してほしいのは、赤ちゃんのような白くてふっくらしたお肌です。ピンクがかったお肌といよりは、どちらかというと青みがかったお肌です。

 

○白肌を目指すためにこころがけるといいこと

 

・クコ茶を飲む
・血行を良くする

 

赤ちゃんのような白い肌を目指したいのであれば、クコ茶を飲むのもおすすめです。
また、長時間デスクワークなどが続いている人は、血行不良からくすみが出てしまいがちです。

 

そのため、デスクワークの合間に休憩をとって、肩や首を回して筋肉をほぐす習慣をつけてみましょう。

 

また、目の周りは特に血流が滞りやすくくすみやすいです。
翌朝目の周りをスッキリ綺麗にしておくためにも、夜にホットアイマスクなど使って、目周りの血流を促してあげるのもいいでしょう。

 

血流が良好になると、くすみがちだったお肌も美白化されてくるはずです。

 

小岩 美容師 求人