シャンプーが好きなスタイリストもいる

シャンプーが好きなスタイリストもいる

スタイリストの皆さんの中には素晴らしいカット技術を持っているにもかかわらず「実はメニューの中ではシャンプーが一番好き」というスタイリストさんもいるようです。実際にそういうスタイリストの方はアシスタント時代にとてもシャンプーで評判が良かった経緯を持つ人が多いようですね。上手いからこそお客さんに喜ばれ、喜ばれるからこそ上手くなる、といった感じだったのでしょう。ですがスタイリストとなったからには主な担当はカットやパーマといったメインのメニューとなります。そうなると本人が望んだとしてもなかなかシャンプーを担当する機会は減ってくる様です。そうなるとやはりシャンプーの腕も落ちてしまうのかもしれませんね。ですが長年通っているお客さんの中には、その人がアシスタント時代にとてもシャンプーが上手かったことを覚えていて、たまにその人がシャンプーを担当してくれる事になると、とても喜ばれます。おそらくそのスタイリスト本人もかつてアシスタント時代に喜んでくれてとても励みになったお客さんのシャンプーを再び担当できるのは嬉しい事でしょう。シャンプーと言うメニューはおそらくスタイリストの皆さんにとってはとても思い入れのあるメニューだと思うのです。つらいアシスタント時代に頑張った思い出はとても大切なのでしょう。アシスタントの人たちは、いつまでのアシスタントでいる訳ではありません。アシスタントはシャンプーを担当しながらも閉店後にはカットの練習などを積んでスタイリストデビューのための始業をしているんですね。ですからお店から認められればいずれはスタイリストデビューすることになり、シャンプーの担当者からは外れる事が多くなるでしょう。それまでに多くのお客さんのシャンプーをしていたアシスタントはシャンプーにつて言えばプロとなっていたはずです。ですからそのアシスタントがシャンプーから外れる事はそのアシスタントにとってや喜ばしい事でしょうけれども、これまでそのシャンプーを楽しみにしていたお客さんにとってはちょっと残念なことになってしまいますね。あのアシスタントさん、スタイリストになったからもうシャンプーはしないのだ、と解ると指名してでもその人にシャンプーを希望する人も出てくる様です。その美容室の事情にもよりますが、なかなか後輩が入店しなかったアシスタントは長年シャンプーに携わっている事が多いものです。たとえスタイリストデビューしていたとしても、後輩の人数が足りなければシャンプーも兼任するケースが多いからです。そうするとそれまでのアシスタントよりはシャンプー経験が長いのでさらにシャンプーが上手くなる事もあり、お客さんからは喜ばれる様ですね。就職 独立 求人 町田