美容師のレベルとその客

美容師のレベルとその客

同じ美容師と言っても、美容師にはレベルがあり、新人美容師もいればカリスマと呼ばれる様なベテラン美容師もいます。その人がその美容室でどの様なポジションの人であるか、という事によってもお客さんとの関係性が変わってくるように思います。分かりやすい所で言えば新人美容師ならばお客さんの機嫌を損ねない事に精一杯、という人もいます。当然お客さんの方が優位になっている様な感じで、仕上がりが気に入らなければ文句を言う人もいるでしょう。新人だから言いやすい、という事も有りますが、逆に「新人なんだから仕方がない」と許してもらえるケースもあるかもしれませんね。ですがこれがベテラン美容師となると、同じスタイルを作ったとして、それがお客さん自身があまり気に入らない、と感じたとしても「ベテラン美容師が似合うというんだから本当だろう」とか「ベテラン美容師にお願いしたんだからこれはすごく良いヘアスタイルに違いない」という「ベテランである」という事で信用してしまうケースもあるように思います。もちろんそれまでのそのベテラン美容師の実績がそうさせているわけですから、それもその美容師の実力の内、と言えるでしょう。新人美容師に対して、文句を言えるかどうか、というのはお客さん自身の性格にもよると思いますけれどもね。多くのお客さんたちは「自分がオシャレである」とか「センスがある」という風に自負している人は少ないと思います。ほとんどの人が「美容師さんのセンスに任せた方が良いのかもしれない」「美容師さんが勧める事に反論は出来ない」という感じで美容室でのカウンセリングに臨んでいるものだと思われます。つまり美容師の方が上の立場でカウンセリングを受けている、という事になります。この事は実際には美容師の方はそういう関係性を望んでいない事が多い、と言われているようです。お客さんにはもっと自己主張してほしい、とかお任せされるのは困る、という感じです。ですがここでもその担当美容師がどのレベルの美容師か、という事で捉え方が変わってきますよね。新人美容師ならば逆に「私のような新人に任せられても」と尻込みしてしまう美容師もいるかもしれません。お客さんに求められている通りに作る方が気が楽だ、と思っているケースですよね。それでもお客さんにとってはプロの美容師であり、プロなりの提案をしてくれるものと信じている人が殆どでしょう。もしも担当者がベテラン美容師であるならば、むしろこの任されたうえでどんな提案ができるか、という所が勝負となってきますし、それこそが美容師の醍醐味である、と思っている美容師も多い事でしょう。美容室 吉祥寺 ヘアサロン カラー 白髪染め 当日予約 クーポン 人気