アシスタント

アシスタント

美容師免許を取得した人が最初に美容室で働く時に、まずスタートラインとしてこの名称でよばれる事になります。言ってしまえばその美容室内で一番下っ端のポジション、という事になります。仕事としてはスタイリスト達のお手伝い、準備、片づけ、掃除、タオルの準備や選択、などが最初の頃の仕事となるでしょう。練習次第で徐々にシャンプー、カラーリングの手伝い、ワンディング、ブローなどの手伝いに入ることができるようになります。この辺りまでの仕事をしているポジションと一般的にアシスタント、と言われています。簡単に言ってしまえば、お客さんの髪の毛をカットする事以外をやっている人、という事になるかもしれませんね。ヘアスタイルに対する知識などもまだ勉強中ですからカウンセリングを行う事も有りません。知っておかなくてはいけないのは、アシスタントの皆さんは美容室の営業時間が仕事のメインではなく、閉店後に自分の技術を磨くための練習をしなくてはいけません。この練習次第でその後スタイリストになれるかどうか、が決まってきます。一般的には早くて1年後、遅くとも5年以外にはスタイリストデビューできる、と言われていますが、その見極めは法律などで定められるものではないので、各美容室の判断にゆだねられているようです。美容専門学校と言うのは、美容師を目指す多くの人たちが通う学校です。かつては1年間通学して卒業する事が出来ましたが、美容師法の改正により2年制になりました。ここで学ぶ学生たちの事を美容専門学校生、と呼ぶんですね。この専門学校では学ぶるスタイルが何通りかあって、毎日通学するコースも有れば、通信教育で学ぶコースも有ります。つまり働きながらでも学ぶことができるコースですね。その中間とも言えるようなコースもあります。ここで学ぶことは知らない人から見たら、美容室で働くために必要な技術やセンスを磨くもの、と思われがちですが、実際にはそれよりも「美容師免許を取得するための国家試験の対策」が主な受講内容だ、と言われているようです。つまり美容専門学校を卒業したからといって、すぐにお客さんの髪の毛をカットできるような技術は身につかない、というのが現状の様です。では、何を学ぶのか、というと美容師となるために必要な髪の毛に関する事、薬剤や衛生管理の勉強だったりするようです。もちろんこういった内容も美容師をやっていくうえでは必要なものです。髪の毛、というのは体とはあまり直結していない様に感じるかもしれませんが、実際には人の体の一部であり、人の体を触る、という点では医師に近い様な部分も有って、扱う薬剤や髪の毛そのものをよく知っておかなくてはいけません。美容院 ヘアサロン 綱島駅 カラー デジタルパーマ 人気 口コミ 予約

 

http://www.tamaris.co.jp/