あごにシワを作りたくない!毎日実践するといい簡単な方法3撰

あごにシワを作りたくない!毎日実践するといい簡単な方法3撰

あごは意外と見られています。しわがあるとまるで梅干しのように見えてしまい、老けた印象を与えてしまいます。しかし、加齢によってあごにシワができやすくなってしまうのは、完全には避けられないですよね…。

 

そこで今回は、あごにシワを作りたくない人のためにも、あごにしわのできにくい方法についてご紹介していきます。
是非ご参考にしてみてください。

 

○保湿ケアを十分にする

 

頬など、顔の中心ばかり保湿ケアを念入りにしていませんか?
保湿ケアはあごにも必要です。
あごにシワができやすくなる原因の一つには、あごの乾燥も十分に考えられます。
お肌の乾燥も、シワの大きな原因となるものです。
お肌が潤っていてハリがキープされていれば、あごにもシワはできにくくなるでしょう。
保湿ケアは洗顔後、化粧水や美容液、保湿クリームなど使う事で効率よくケアしていけるでしょう。

 

○口輪筋を鍛える

 

口輪筋をトレーニングしていると、あごにしわはできにくくなります。
口輪筋は、口の周辺に広がる筋肉の事です。

 

この部分を鍛えることによってあご周辺の筋力が緊張するのを防いで、しわを予防していけるでしょう。
以下の手順に従って、口輪筋のトレーニングを行いましょう。

 

唇をすぼめて3秒間ゆっくり前に突き出す

5秒間保って唇を元に戻す

5秒間保って唇を元に戻す

唇を歯の間に巻き込んで、口角を上げて笑顔を作る

5秒間保って口を元に戻す

3回同じことを繰り返す

 

○口角を上げるエクササイズを行う

 

笑顔の時は口角がキュッと上がりますが、無表情の時などは、どうしても口角も垂れ下がってしまいがちです。

 

そこで、常に口角をキュッと上げておくように意識していると、あご周辺の血行が良好に改善され、あごのシワが防げるでしょう。

 

40代になってくると、特に乾燥肌がさらに目立つようになってきたという人は多いでしょう。
乾燥肌対策をする時に欠かせないと言えば、「化粧水」です。
といっても、今は様々なところで化粧水を出していますよね。自分の肌にはどんなものを使ったらいいかわからない!といった方も多いのでは?
そこで今回は、40代で乾燥肌にお悩みの方のために、正しい化粧水の選び方についてレクチャーしていきます。化粧選びにお困りの人は、ぜひご参考にしてみてください。

 

◯保湿成分がたっぷりの化粧水を選ぶ事

 

40代で、効果的な化粧水を選びたいのであれば、保湿成分がたっぷり入った化粧水を選びましょう。
化粧水の中には、保湿成分がたっぷり入ったタイプのものも多いです。
お肌がきちんと保湿されていれば、それだけで若々しい印象になります。
そのため、化粧水は保湿成分がたっぷりと含有されているものを選ぶといいでしょう。

 

◯アンチエイジングに効果的な化粧水を選ぶ

 

40代にもなると、老化が顔に出てきて、ごまかせなくなってくる年齢ですよね。
お肌のたるみにもアプローチしてくれる成分が配合されていると、尚いいです。

 

エイジング効果の高い化粧水を選ぶなら、次のような成分が含有されているものを選びましょう。

 

・プラセンタエキス
・酵母エキス

 

上記2つは、ビタミンやミネラルもたっぷりと含まれています。
プラセンタエキスは特に肌代謝を高めてくれ、細胞を若くしてくれます。
そしてメラニン色素を抑えて、シミを抑制してくれるでしょう。

 

大島 美容師 求人