30代女子にぴったりのアイメイクのコツは?上品なのに魅力的な目元へ

30代女子にぴったりのアイメイクのコツは?上品なのに魅力的な目元へ

30代に突入すると、20代の頃にやっていたアイメイクは、なんとなくしにくくなってきますよね。

 

20代の頃とは肌の調子も顔つきも変わってきてしまうため、若い頃にしていたメイクも似合わなくなってきます。
特に気をつけたいのがアイメイク。年齢にあったアイメイクをすることで、とても上品な印象を与えることができます。

 

ここでは、30代の大人女子たちにおすすめの、アイメイクのコツをご紹介します。ぜひご参考にしてみてください。

 

○アイシャドウは肌馴染みのいいベージュorブラウン系

 

30代女子で目元のメイクを上品にしたいという人なら、シャドウのカラーは冒険せず、ベージュやブラウンを使うといいでしょう。

 

イエローやブルー、パープルなども大人女子から人気ですが、似合う・似合わないが分かれやすい色みでもあります。メイクに慣れない女性や、無難で安定したカラーを選びたいなら、肌馴染みのいいベージュやブラウンをチョイスしましょう。ほとんどどの女性にも似合うカラーなので、失敗も少ないです。

 

ナチュラルメイクとしても使えるカラーです。

 

華やかになりすぎず、薄い顔の人でも目元に奥ゆきがつくため、彫りの深い顔立ちに見えるでしょう。

 

ただし、もともと彫りの深い顔立ちの人は、濃いブラウンは選ばないようにしましょう。
より彫りの深さが強調されてしまい、きつい印象や日本人離れした顔に見られてしまいます。
また、使いすぎると目元のくすみやクマと勘違いされてしまい、より一層際立たせてしまうリスクもあるため、ブラウンは明るめのものを選び、広範囲に塗らないようにしましょう。

 

20代の頃はピンクシャドウを使っていた人も、30代で卒業しなきゃ…!なんて思っていませんか?
それはまだ早いです。ピンクシャドウは、30代の大人女子でもまだまだ使えるステキなカラーです。

 

膨張色なので、使い方によっては目が腫れぼったく見えてしまう心配がありますが、コツを抑えていれば、デカ目効果で目をさらに印象的にすることができます。

 

それでは、30代女子がピンクシャドウを上手に使いこなすには、どのようなことに気を付けていればいいのでしょうか。

 

○ピンクシャドウにも色みがある!自分に合ったピンクを選びましょう

 

ピンクといっても、色合いは様々です。明るいピンクもあれば、落ちついたピンクもあります。
選び方によっても、似合う場合と浮いてしまう場合があります。
基準は、自分のお肌とよく馴染むカラーを選ぶことです。
肌馴染みのいいカラーを選ぶことによって、ピンクシャドウが自然と溶け込むようになります。

 

例えば色白の人であれば、発色のいい明るめのピンクを選んでもいいですが、肌の色が濃い目、黄みがかっている人だと、あまり発色の明るいピンクシャドウは似合いません。
落ちついたサーモンピンクやコーラルピンクなど、少しオレンジがかったピンクシャドウを選ぶといいでしょう。

 

○ピンクシャドウを使うと目が腫れぼったく見えるというあなたは…

 

奥二重や一重の方は、ピンクシャドウを使うと目が腫れぼったく見えてしまう可能性があります。
そのような方は、引き締めカラーとして、ブラウンのシャドウをプラスしてみてください。

 

順番は、ブラウンのシャドウ→ピンクシャドウです。
自然なグラデーションにも見えるため、ピンクだけが目立つことはなく、腫れぼったくなるのも防げるでしょう。

 

平井 美容師 求人